幸せはなるものじゃない、感じるものだ。


 長渕剛さんの「CAPTAIN OF THE SHIP」という歌の歌詞の中にこんな一節があります。

 「幸せはなるものじゃない、感じるものだ。」






 幸せを感じれる天才になりましょう。大丈夫です。間違いなく幸せになりますから。





 こうなったら幸せとか、こうだから幸せでないという思考を外していってください。今、目の前にある小さな幸せを充分に感じとっていってください。






 そのうちに抱えきれないくらいの大きな幸せがドカンと降りてきますから。






 そういうものです。幸せとは元々自分自身にあったのです。それを思考が塞いでいただけなのです。よからぬ思考が頭の中を巡っていたら、天国言葉でやっつけちゃいましょう








 先日のFNS歌謡祭の長渕剛さんの乾杯のパフォーマンスはいろんな意味で凄かったですね。賛否両論ありますが、昔からあんな感じです。相変わらずなんですよね。




 でも声を含め昔の歌い方の方が好きです。そこで凄い人を発見しました。先日のダウンタウンなうにも出演してましたが、この人は長渕さんの声をフォークソング期など4段階に分けて出せるのです。




 Takuya Nagabuchiという名前で活動しているらしいのですが、今この人の動画にはまってます。中学、高校の頃夢中になったあの歌が甦ってます😆







  共感して頂けた方に
   ポチっと頂けたら励みになります😊
         
⬇️







この記事へのコメント